誰も得しない日本史

誰も得しません

近代

反省してみよう 井上準之助 ー北斗の日本史-

どんな天才でも、ときには自分の間違いを認めることも大事です。 みんな大好き、アミバ様を崇め奉りながら、反省してみましょう。 《英訳してみよう》 ん?まちがったかな… 【ものまね】アミバ様【北斗の拳】 日本史で、多くの受験生を悩ますのが、金本位制…

観念してみよう ーワンピースでたどる日本史ー

人間いつかは滅びるものです。 明智光秀が裏切ったとの報告を受けたときの織田信長の言葉は、 「是非も及ばず」(仕方がない)だったと言われています。 西南戦争で明治政府に抵抗した西郷隆盛の最後の言葉は、 「晋どん、もうここいらでよか」だったと言わ…

限界を超えてみよう 高峰譲吉 ー北斗の日本史、科学技術史-

かつて、昭和と呼ばれた時代。世紀末を生きる救世主は、こう言いました。 「人間は自分の潜在能力の30%しか使うことができんが 北斗神拳は残りの70%を使うことに極意がある」と。 明治時代には、世界最先端の研究を行う科学者が輩出されます。 シンを破っ…

北里柴三郎 ー北斗の拳で読む日本史-

明治時代には、世界最先端の研究を行う科学者が輩出されます。その第一人者が、「近代日本医学の父」とか「日本の細菌学の父」とかいう二つ名を持つ、新一万円札の北里柴三郎です。それでは、聖帝サウザーの部下のお言葉をいただいて、厳しい自然や病気に立…