誰も得しない日本史

誰も得しません

伊藤博文 ー総理大臣列伝ー

伊藤博文の初代無双!
 

f:id:Nobuta:20190228233843j:plain

旧千円札
 
☆初代工部卿(1873年)
  →Construction Minister
※工部省は1870年設置。設置当初は工部卿空席。
 
☆初代内閣総理大臣(1885年)
  →the Prime Minister
 
☆初代枢密院議長(1888年)
  →Chairman of the Privy Council
 
☆初代立憲政友会総裁(1900年)
  →President of the Frends of Constitutional Government Party
 
☆初代韓国統監(1905年)
  →Resident-General of Korea
 
 
 これだけいろいろやっていると、『課長島耕作』的に、たくさんマンガが描けそうです。
 
『工部卿伊藤博文』
→『総理大臣伊藤博文』
→……
→『ヤング伊藤博文』的な。
 
島耕作シリーズは、ほかに部長――』『取締役――』『常務――』社長――』『会長――』係長――』『学生――』もあります。
 作者は島所得だけで一生食っていくつもりのようです。
 
さて、
憲法も内閣制度もすべて作って、最後は元老にまでなって、無敵感あふれるのが伊藤博文。
政府が困ったら、伊藤に泣きつけばなんとかなる的なところがある。
 
最後は暗殺によって倒れ、この事件を契機に日本が韓国を併合することになります。
Wikiを参考にして、暗殺の様子をみてみましょう。
 
An Jung-geun(安重根), a Korean nationalist and independence activist, fired six shots, three of which hit Itō in the chest. He died shortly thereafter.
 
(日本語訳)
韓国の国家主義者で独立活動家の安重根が6発の銃弾を撃ち、3発が伊藤の胸に当たった。伊藤はまもなく死亡した。
 
 
 
伊藤博文は、若いときのやんちゃっぷりも群を抜いています。
『ヤング伊藤博文』については、またの機会に紹介したいと思います。

 
【伊藤博文内閣期の事件 第1次内閣(1885.12.22 - 1888.04.30)】
 
1885年 
Cabinet system adopted; the new cabinet supersedes the Dajokan(Grand Council of State) as the central organ of the Japanese state.
 (内閣制度制定:内閣、太政官に代わり国務遂行の中心機関となる)
 
1886年
Normanton Incident: all 23 Japanese passengers on the Britich freighter Normanton drown; the British crew escape in lifeboats.
 (ノルマントン号事件:イギリス貨物船ノルマントン号の日本人乗客23人全員が死亡:イギリス人乗組員は救命ボートで脱出)
 
1887年
Futabatei Shimei begins publication of Ukigumo(Drifting Clouds), a work regarded as Japan's first modern novel.
 (二葉亭四迷、日本初の近代小説『浮雲』の連載を始める)
Daido Danketsu Movement("Larger Common Purpose" Movement) seeks reorganization of political parties in preparation for the establishment of a parliamentary system.
 (大同団結運動、議会開設に備え各政党の改革団結を求める)
Sandai Jiken Kempaku Movement(Movement to Memorialize Three Important Items) proposes revision of the Unequal Treaties with the Western Powers.
 (三大事件建白運動、西欧諸国との不平等条約改正を提案)
Peace Preservation Law of 1887 issued to suppress political agitation.
 (保安条例制定、民権運動の弾圧を目的とする)
 
1888年
Privy Council established.
 (枢密院設置)
 
 
【伊藤博文内閣期の事件 第2次内閣(1892.08.08 - 1896.08.31)】
 
1892年
1893年
Tonghak Rebellion, a peasant uprising, breaks out in Korea.
 (甲午農民戦争:朝鮮で農民反乱)
 
1894年
Anglo-Japanese Commercial Treaty of 1894 signed; it abolishes extraterritoriality and restores partial tariff autonomy to Japan.
 (日英通商航海条約調印:治外法権を撤廃し、関税自主権を部分的に回復)
Sino-Japanese War of 1894-1895 begins.
 (日清戦争(1894年~1895年)はじまる)
 
1895年
Treaty of Shimonoseki ends hostilities between China and Japan.
 (下関条約調印:日清講和する)
Tripartite Intervention: Japan forced by Russia, France, and Germany to relinquish the Liaodong Peninsula in southern Manchuria.
 (三国干渉:ロシア・フランス・ドイツ日本に満州南部の遼東半島の返還を勧告)
Taiwan becomes a Japanese colony as part of China's terms of surrender at the end of the Sino-Japanese War of 1894-1895.
 (日清戦争の講和条件によって台湾が日本の植民地となる)
Assasination of Queen Min of Korea by Japanese troops.
 (日本、朝鮮の王妃閔妃を暗殺)
1896年
 
 
【伊藤博文内閣期の事件 第3次内閣(1898.01.12 - 1898.06.30)】
 
1898年
Kenseito(Constitutional Party) formed.
 (憲政党結成)
 
 
【伊藤博文内閣期の事件 第4次内閣(1900.10.19 - 1901.05.10)】
 
1901年
Shakai Minshuto(Socialist Democratic Party) formed.
 (社会民主党結成)
※社会民主党結成は1901.5.18で、解散は1901.5.20。受験的には、解散させたのは第4次伊藤博文内閣となる(次の第1次桂太郎内閣の成立は、1901.06.02)。
 
【参考文献等】