誰も得しない日本史

誰も得しません

「さ」 得点直結 わりきり日本史用語集(建設中・2020年完成予定)

受験に役立つ、のぶたのツイッターbotシリーズはこちら

・「日本史 受験基本用語bot(byのぶた)」→ https://twitter.com/botby11

・「日本史 受験標準用語bot(byのぶた)」→ https://twitter.com/botby12

・「日本史 私大受験用語bot(byのぶた)」→ https://twitter.com/mastedtei

そのた雑学・小ネタは、

「日本史 雑学・小ネタbot(byのぶた)」→ https://twitter.com/botby13

 

用語集の説明は→

「あ」 得点直結 日本史用語集(建設中・2020年完成予定) - 誰も得しない日本史

 

「さ」で始まる語

2,座(江戸時代)(ざ)…田沼意次が、銅や朝鮮人参などの専売のために、設置した幕府直営の施設。

1,西園寺公望(さいおんじきんもち)…1919年、パリ講和会議の日本の主席全権。

→「総理大臣列伝 最後の元老 西園寺公望

2,在華紡(ざいかぼう)…第一次世界大戦後に、日本の紡績会社が中国に建設した紡績工場。いわゆる資本輸出にあたる。

3,最高裁判所(さいこうさいばんしょ)…

3,西郷従道(さいごうじゅうどう・さいごうつぐみち)…

2,在郷商人(ざいごうしょうにん)…江戸時代中期以降に、農村で成長した商人。「在方商人(ざいかたしょうにん)」とも。

1,西郷隆盛(さいごうたかもり)…薩長連合提携時の薩摩藩代表。江戸開城を会談した。1873年の征韓論争には敗れて下野した。1877年、西南戦争を起こし、自決。

→「10億ベリーの男 西郷隆盛1 ーワンピースでたどる日本史ー

→「観念してみよう ーワンピースでたどる日本史ー

f:id:Nobuta:20190814175953j:plain

3,西国三十三カ所(さいごくさんじゅうさんかしょ)…近畿地方にある、観音信仰が盛んな霊場の総称。

2,『西国立志編』(さいごくりっしへん)…中村正直著。スマイルズの『自助論』の訳。

3,斎藤隆夫(さいとうたかお)…

1,斎藤実(さいとうまこと)…

3,斎藤茂吉(さいとうもきち)…『アララギ』『赤光』

2,在村地主(ざいそんじぬし)…

2,済南事件(さいなんじけん)…

1,財閥(ざいばつ)…多くの産業や金融を支配下において、創業者一族の独占的出資のもとに産業や経済・政治を支配するようになった、独占資本。

1,財閥解体(ざいばつかいたい)…

1,サイパン島(さいぱんとう)…

→「小ネタ集1

2,『采覧異言』(さいらんいげん)…新井白石が、密入国したイタリア人宣教師シドッチを尋問して記した、西洋の地理書。

1,左院(さいん)…1871年、廃藩置県後官制改革で三院制がしかれたときの、立法諮問機関。

1,堺利彦(さかいとしひこ)…『万朝報』が開戦論に転じたために退社して、平民社を組織した。『平民新聞』を発行し、社会主義や共産主義を指導した。昭和初期には社会民主主義に転向した。

4,坂口安吾(さかぐちあんご)…

→「小ネタ集1

1,坂下門外の変(さかしたもんがいのへん)…1862年、安藤信正の暗殺未遂事件。ちなみに、1860年の井伊直弼暗殺事件は、桜田門外の変。

2,佐賀の乱(さがのらん)…1874年、江藤新平を中心とする士族の反乱。

1,坂本龍馬(さかもとりょうま)…土佐藩出身。薩長連合を仲立ちした。

2,相楽総三(さがらそうぞう)…1868年1月、倒幕のために、年貢半減を布告しながら進撃した草莽隊である、赤報隊を組織した草莽の志士。後に偽官軍として弾圧され、処刑された。

3,佐久間象山(さくましょうざん)…

3,桜会(さくらかい)…

1,佐倉惣五郎(さくらそうごろう)…有名な義民で、下総佐倉藩主の苛政を将軍家綱に直接訴えたと伝えられる。年貢を減らせたが、死刑になったと伝えられる。別名「木内宗吾」。

1,桜田門外の変(さくらだもんがいのへん)…1860年、水戸藩脱藩志士による、大老井伊直弼の暗殺事件。

1,座繰製糸(ざぐりせいし)…幕末以来の製糸技術。1894年、器械製糸に生産量で追い抜かれた。

1,鎖国(さこく)…

→「鎖国→鎖骨→中ゴス

1,沙市(さし)…

2,左大臣(近代)(さだいじん)…1871年、廃藩置県後の改革で置かれた、正院の4役の1つ。残りは、太政大臣・右大臣・参議。

2,佐竹義和(さたけよしまさ)…天明の飢饉ののちに、秋田藩で藩政改革を行った藩主。諸産業を育成した。

【藩政改革(基本)】

前期:17世紀後半から18世紀初期

     ・岡山藩…池田光政・閑谷学校/熊沢蕃山・花畠教場

     ・水戸藩…徳川光圀・彰考館(『大日本史』の編纂所)

     ・加賀藩…前田綱紀

中期:18世紀後半

     ・熊本藩…細川重賢・時習館

     ・米沢藩…上杉治憲・興譲館

     ・秋田藩…佐竹義和・明徳館

後期:19世紀

     ・薩摩藩…島津氏 ・造士館/調所広郷登用・砂糖専売

     ・長州藩…毛利氏 ・明倫館/村田清風登用・越荷方

      ・佐賀藩…鍋島直正・反射炉・均田制

    ・水戸藩…徳川斉昭・弘道館

 

1,薩英戦争(さつえいせんそう)…1863年、生麦事件を原因として起こった戦争。薩摩藩対イギリス。

→「薩英戦争(予定) ―ワンピースでたどる日本史―

1,薩長連合(さっちょうれんごう)…1866年、薩摩と長州の提携。薩摩の代表者は西郷隆盛。長州の代表者は桂小五郎(木戸孝允)。仲立は土佐藩出身の坂本龍馬と中岡慎太郎。

1,薩摩藩(さつまはん)…八月十八日の政変後には、公武合体派の主導権を握った。

→「小ネタ集1

2,札幌農学校(さっぽろのうがっこう)…黒田清隆が創設した開拓使付属の学校。

1,佐藤栄作(さとうえいさく)…

1,佐藤信淵(さとうのぶひろ)…経世家。幕藩領主自らが行う、官営・国営による貿易振興を主張した。著書は『経済要録』。

【経世家】

 (・荻生徂徠…先駆者。武士土着論。(※元禄文化の古文辞学派としての顔ももつ))

・太宰春台…武士土着論と、藩による専売制を主張。『経済録』(※元禄文化の古文辞学派としての顔ももつ)

 ・海保青陵…専売制度による富国強兵と、封建制の再建を主張。『稽古談』

 ・本多利明…開国しての貿易拡大と、植民地経営を主張。『経世秘策』『西域物語』

 ・佐藤信淵…官営・国営による貿易振興を主張。『経済要録』

3,佐野政言(さのまさこと)…通称、世直し大明神。田沼意次の子である、若年寄田沼意知を暗殺した。この事件は田沼意次失脚の一因となった。

3,佐野学(さのまなぶ)…

1,侍所(鎌倉時代)(さむらいどころ)…

1,侍所(室町時代)(さむらいどころ)…室町幕府のとき、京内の司法・行政・警察業務を担った。

  【京都の治安維持・警備】

   ・奈良時代 → 京職・衛府

   ・平安時代 → 検非違使

   ・鎌倉時代 → 検非違使(・京都守護)

   ・建武の新政→ 武者所(頭人(長官)は新田義貞)

   ・室町時代 → 侍所

   ・江戸時代 → 京都町奉行(京都所司代ではないことに注意)

   ・幕末  → 京都守護職

1,三・一五事件(さんいちごじけん)…

1,三・一独立運動(さんいちどくりつうんどう)…パリ講和会議後に朝鮮で起きた、独立運動。

2,三院制(さんいんせい)…1871年、廃藩置県後に、官制改革が行われ、太政官は正院・左院・右院の三院からなる、三院だ制となった。

1,三貨(さんか)…

【三貨】

  金貨…計数貨幣・東日本を中心に流通

  銀貨…秤量貨幣・西日本を中心に流通

  銭貨…計数貨幣・全国で流通

2,三月事件(さんがつじけん)…

2,参議(さんぎ)…1871年、廃藩置県後の改革で置かれた、正院の4役の1つ。残りは、太政大臣・左大臣・右大臣。

1,参議院(さんぎいん)…

3,三卿(さんきょう)…徳川吉宗がたてた、3つの別家。田安・一橋・清水家。一橋家からは、15代将軍の徳川慶喜がでた。

1,産業革命(さんぎょうかくめい)…機械による生産様式の変革。

2,産業合理化(さんぎょうごうりか)…

2,産業報国会(さんぎょうほうこくかい)…

2,ざんぎり(頭)(ざんぎり(あたま))…文明開化のシンボルとなった髪型。幕末から明治時代に流行した。

1,参勤交代(さんきんこうたい)…

 1635:武家諸法度寛永令で制度化

    在江戸・在国元1年交代、妻子は江戸居住

 1722:享保の改革で緩和

    上米の制を実行するかわりに、在江戸期間を半減

    (1731年の上げ米廃止とともに緩和終了)

 1862:文久の改革で緩和

    三年に一度、妻子帰国

2,三関(さんげん)…古代、

【三関】

 ・美濃国…不破関(壬申の乱も、承久の乱も、関ヶ原の戦いも、ここの戦いが勝敗の分かれ目)

 ・伊勢国…鈴鹿関

 ・越前国…愛発関(→9世紀初頭に近江国逢坂関に変更)

3,三光作戦(さんこうさくせん)…

1,三国干渉(さんごくかんしょう)…  日清戦争に勝利した日本が、下関条約で遼東半島の割譲を約したことに対して、ロシア・フランス・ドイツが遼東半島を清国に返還するように勧告してきたこと。日本はこの要求に応じて遼東半島を返還した。国民はこれを屈辱とし、「臥薪嘗胆」のスローガンのもと、ロシアへの敵対心を高めていった。

2,三国協商(さんごくきょうしょう)…1907年に完成した、英・仏・露の同盟的関係。

1,『三国通覧図説』(さんごくつうらんずせつ)…林子平の著書で、蝦夷地・朝鮮・琉球を解説したもの。

【林子平の著書】

・海防を説いたため、寛政の改革で発禁・絶版となったものは『海国兵談』。

・蝦夷地・朝鮮・琉球を解説したものは『三国通覧図説』。

1,三国同盟(さんごくどうめい)…ドイツ・オーストリア・イタリアが1882年に結んだ相互防衛条約。

1,3C(さんしー)…

2,三種の神器(さんしゅのじんぎ)…

2,三条実美(さんじょうさねとみ)…1862年、朝廷が幕府に攘夷実行を命じたときの勅使。1863年の八月十八日の政変で長州に逃れ、明治維新後に太政大臣となった。初代内大臣。

2,三職(さんしょく)…王政復古の大号令で設置した役職の総称。総裁と議定と参与。

1,三大事件建白運動(さんだいじけんけんぱくうんどう)…1887年、井上馨の条約改正交渉をきっかけに起こった、反対運動。外交失策の挽回に加えて、地租の軽減と言論・集会の自由を主張した。主導者は後藤象二郎。この運動に対して、政府は同1887年に保安条例を出した。

2,山東京伝(さんとうきょうでん)…寛政の改革で、風俗を乱すとして処罰された洒落本作者。代表作は『仕懸文庫』。

f:id:Nobuta:20190911231844j:plain

1,山東出兵(さんとうしゅっぺい)…

1,サンフランシスコ講和会議(さんふらんしすここうわかいぎ)…

1,サンフランシスコ平和条約(さんふらんしすこへいわじょうやく)…

1,讒謗律(ざんぼうりつ)…1875年、民権運動を取り締まるための、言論を統制する法律。新聞紙条例と同日に出された。

3,三民主義(さんみんしゅぎ)…孫文が唱えた革命理論。三民とは、民族・民権・民生のこと。

1,参与(さんよ)…王政復古の大号令の三職(総裁・議定・参与)のうち、実質的に権力を握った。倒幕勢力の藩士が任命された。

4,『山陵史』(さんりょうし)…蒲生君平による天皇陵調査の考証書。

 

 

【おしらせ】

Amazonで電子出版しています
 
 
Youtube版「のぶたの誰も得しない日本史 」