誰も得しない日本史

誰も得しません

「て」 得点直結 日本史用語集(建設中・2020年完成予定)

今は建設中です。2ヶ月毎に更新して、来年の夏の完成を目指します。

一般的な用語集と違って、大学入試で得点につながる説明に特化しています。

 

例:

山川出版社『日本史用語集』では、「武家伝奏」は

「朝幕間の事務連絡にあたる公家。2名。京都所司代・老中と連携して、関白や三公を通じて朝廷・公家に対し大きな影響力をもった」

 

このブログの得点直結 日本史用語集」では、「武家伝奏」は

「江戸時代における、幕府と朝廷間の連絡をする公卿。

  幕府と朝廷をつなぐ役目の公卿

   ・鎌倉時代  議奏公卿

   ・江戸時代  武家伝奏 」

 

【凡例】

語句の前の数字は用語のレベルです。

 「1」はセンター試験75点レベル

 「2」はセンター試験90点レベル

 「3」は私立文系大学レベル

 「4」は、まあ難関大で見ることもあるけど、合否には直結しないレベル

 

 

「て」で始まる語

3,出開帳(でかいちょう)…

2,手賀沼(てがぬま)…田沼意次が開発をすすめた新田。印旛沼とセット。

1,適塾(てきじゅく)…化政文化。緒方洪庵が開いた大坂の蘭学塾で、多くの人物を育てた。

3,手島堵庵(てしまとあん)…

2,町入用(ちょうにゅうよう)…

1,寺子屋(てらこや)…一般の人が設立し、庶民に読み書きそろばんなどを教えた施設。

3,寺田屋事件(てらだやじけん)…

3,天誅組の変(てんちゅうぐみのへん)…

1,天保の改革(てんぽうのかいかく)…1841年に始まった、老中水野忠邦の幕政改革。人返しの法、株仲間の解散、上知令を行った。

1,天保の飢饉(てんぽうのききん)…大御所時代に起こった飢饉。

 【飢饉と改革】

 ・享保の改革の後に、享保の飢饉

 ・天明の飢饉の後に、寛政の改革

 ・天保の飢饉の後に、天保の改革

1,天保の薪水給与令(てんぽうのしんすいきゅうよれい)…1842年に、天保の改革の水野忠邦が、異国船打払令を緩和した法令。外国船に燃料や食料を与えて、鎖国を維持しつつ帰国させることが目的。

1,天明の飢饉(てんめいのききん)…17831787年の飢饉。この飢饉への対応として、寛政の改革が始まった。

2,天理教(てんりきょう)…