誰も得しない日本史

誰も得しません

共通テスト難易度考察 H30試行調査29

H30試行調査の問題文はこちら(16MB)

大学入試センター

 

このシリーズの基本コンセプトは、こちらをご参照ください。

www.daremotokushinai.com

 

 

 

解答番号29

夏目漱石について、以下の選択肢から最も適当なものを選びます。

 

① 民権論や国権論の高まりの中で、政治小説を著述した。

② 近代化が進む中で、知識人の内面を国家・社会との関係で捉えた。

③ 都会的感覚と西洋的教養をもとに、人道主義的な文学を確立した。

④ 社会主義運動の高揚に伴って、階級理論に基づいた作品を残した。

 

『一問一答』では、「夏目漱石」(基本用語)を次のように説明しています。

「54(※反自然主義)の文学的立場の作家で、多くの作品を残した近代文学史上の文豪は誰か。

ここで、「反自然主義」とは、「醜い現実暴露を否定し、博識と広い視野に立つ理知的・倫理的な文学的立場」とあり、その他の必要用語です。

これだけでは絞れませんね。

 

さて、①の「政治小説」は、「民権運動の発生と前後して誕生し、政治思想の宣伝を目的とした小説」で、標準用語です。

③は大正文化の「白樺派」(標準用語)のことで、④はプロレタリア文学のことです。『一問一答』では「プロレタリア文学運動」が基本用語として問われています。

 

以上を要すると、基本用語の知識があれば、③と④を消去して二者択一に、標準用語の知識があれば、①も消去して正答にたどり着くことができます。

 

配点は3点なので、期待値は以下のようになります。

 

【期待値表 解答番号29】

 

資料読める

資料読めず

用語習得せず

0.75

0.75

基本用語習得

1.5

1.5

標準用語習得

3

3

その他の必要用語習得

3

3

 

【期待値表 累積】

 

資料読める

資料読めず

用語習得せず

38.83

20.08

基本用語習得

58.95

18.33

標準用語習得

69.75

36.58

その他の必要用語習得

73.6

41.18

 

 

下の拙著では、センター試験でも同様の調査をしていますので、これからの調査結果とそちらと比較してみれば、『一問一答』という指標を用いて、センター試験に必要な知識レベルと共通テストに必要な知識レベルがどれだけ変化したのかが明らかになっていくことでしょう。 

 

 

 【お知らせ】

Amazonで電子出版しています
 
 
Youtube版「のぶたの誰も得しない日本史 」