誰も得しない日本史

誰も得しません

日本史講師が鬼滅の刃を語るとこうなる1 簡単な時代考証

 
鬼滅の刃、英語タイトルは「DAMON SLAYER」が流行ってますね。

 

Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba, Vol. 1: Cruelty (English Edition)

Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba, Vol. 1: Cruelty (English Edition)

  • 作者:Koyoharu Gotouge
  • 出版社/メーカー: VIZ Media: SHONEN JUMP
  • 発売日: 2018/07/03
  • メディア: Kindle版
 

 

そこで、のぶたは考えました。
このビッグウェーブに乗っかかろうと。
 
それでは、新シリーズ「日本史講師が語る鬼滅の刃」の始まりです。
 
 
How did this happen?
(なんでこんなことになったんだ)
 
名も知らぬ男の子が、雪の中血まみれの妹「禰豆子」を背負って走っている。
物語はここから始まります。
いつの時代の話なのか、この時点では分かりません。服装や生活、村の描写からは、江戸時代などを連想させますね。
妹を背負っていた主人公の名前は、炭治郎です。
 
 
いつの時代かのヒントが最初出てきたのは、鬼を斬ることを仕事とする若者が登場したときでしょうか。
若者は、学生服のようなものを着ています。
どうやら、江戸時代よりは新しい時代っぽいです。
ただ、若者は刀を持っています。現実の日本では、明治9(1876)年の廃刀令で、刀を持つことは禁止されているのですが…
 
Never leave yourself so defenseless in front of an enemy!
(生殺与奪の権を他人に握らせるな!)
 
鬼斬りの若者は炭治郎に向かって叫びました。
そして、妹を若者に取られた、主人公のしくじりを大声でなじります。「Why did you show me your back?! That's how I was able to take her!(なぜ俺に背中を見せた‼そのしくじりで妹を取られている)」と、
自分もしくじったくせに(If I'd come half a day sooner... ...your family might have survived.(俺があと半日早く来ていればお前の家族は死んでなかったかもしれない))。
どうやら、このしくじりヤロウの名前は、冨岡義勇というらしいです。
うかんむりの「富」じゃないほうの、「冨」ですね。
ちなみに、受験日本史に出てくる有名人で、「徳富蘇峰」っていう人がいて、この人の弟も小説家として受験に出てくるんですが、弟のほうは「徳冨蘆花」といいます。兄弟なのに「富」「冨」の字が違うという、受験生キラーですね。
 
鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

  • 作者:吾峠呼世晴
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/06/17
  • メディア: Kindle版
 

 

 
さあ、いよいよ物語の時代が分かるときがきました。
鱗滝左近次というじじい老人のもとで修行した、炭治郎がハンター試験最終選別にチャレンジしたときです。
そこで登場した鬼が炭治郎に聞きました。
 
Tell me, fox boy... ...right now... ...what Meiji Emperor sits upon the throne?
(狐小僧 今は 明治何年だ)
 
と。
炭治郎は答えます。
 
The imperial family is Taisho!
(今は大正時代だ)
 
と。
すると、鬼がギギギと叫び出します。
「ギギギ」とか、はだしのゲン以外のマンガにも出てくるんですね。
それはともかく、どうやら鬼は左近次のことを知っているようです。
 
Urokodaki was the one who captured me! I will never forget! It's been 47 torturous years! Back then he was still a demon slayer! In the Edo priod...The Keio era!
(俺を捕まえたのは鱗滝だからなァ 忘れもしない四十七年前 アイツがまだ鬼狩りをしていた頃だ 江戸時代…慶応の頃だった)
 
これで、物語のだいたいの時代が分かりました。
江戸時代の慶応年間は、幕末の1865年から1868年までです。
これに47年を足すのですから、
この最終選別の時点は、1912年~1915年ということになります。
大正元年が1912年(ただし7月30日から)なので、明治45(大正元)年~大正4年です。
物語が進むと、1923(大正12)年の関東大震災で倒壊した、浅草の凌雲閣が出てきますので、こちらとも矛盾しません。
なお、人々が刀を持っていることに関しては、物語がすすむと触れられることになります。まあ、一巻でも政府非公認とは言っていますが。
 
まだ、アニメ(コミックスだと7巻の前半相当)しか見ていない見ていないのですが、
個人的に、鬼滅の刃の時代考証としては、子どもたちが学校に行っていた形跡がないのが気になります。
日本では、明治時代に義務教育制度を始めていて、日露戦争が終わった明治時代後半の1907年には、就学率がほぼ100%に達しているんですよ。
でも、鬼滅の刃にでてくるヤツらって、学校の話とかしませんよねえ。
 
 
【おしらせ】
Amazonで電子出版もしています
 
誰も得しない日本史 第1巻

誰も得しない日本史 第1巻

  • 作者:のぶた
  • 発売日: 2019/09/10
  • メディア: Kindle版
 

  

北斗の日本史: 誰も得しない日本史 出版準備号

北斗の日本史: 誰も得しない日本史 出版準備号

  • 作者:のぶた
  • 発売日: 2019/06/28
  • メディア: Kindle版