誰も得しない日本史

誰も得しません

「あ」 得点直結 日本史用語集(建設中・2020年完成予定)

今は建設中です。2ヶ月毎に更新して、来年の夏の完成を目指します。

一般的な用語集と違って、大学入試で得点につながる説明に特化しています。

 

例:

山川出版社『日本史用語集』では、「武家伝奏」は、

「朝幕間の事務連絡にあたる公家。2名。京都所司代・老中と連携して、関白や三公を通じて朝廷・公家に対し大きな影響力をもった」

 

このブログの得点直結 日本史用語集」では、

「江戸時代における、幕府と朝廷間の連絡をする公卿。

  幕府と朝廷をつなぐ役目の公卿

   ・鎌倉時代 → 議奏公卿

   ・江戸時代 → 武家伝奏 」

 

【凡例】

語句の前の数字は用語のレベルです。

 「1」はセンター試験75点レベル

 「2」はセンター試験90点レベル

 「3」は私立文系大学レベル

 

 

ー「あ」で始まる語ー

 

3,会沢安(あいざわやすし)…

1,相対済し令(あいたいすましれい)…武士や町人の貸借訴訟を、評定所では受理せずに、当事者間で解決させる法令。

1,亜欧堂田善(あおうどうでんぜん)…

1,青木昆陽(あおきこんよう)…将軍に蘭学を学ぶように命じられたり、甘藷の栽培法を研究したり。『蕃薯考』を著した。

1,『赤蝦夷風説考』(あかえぞふうせつこう)…田沼時代、工藤平助が蝦夷地の開発やロシアとの交易を進言した書。

3,秋田蘭画(あきたらんが)…

1,上知令(あげちれい・じょうちれい)…

1,上げ米(あげまい)…享保の改革で、徳川吉宗が諸大名に米の上納を命じた増収策。石高1万石につき、100石の上納を命じる代わりに、参勤交代の大名の在江戸期間を半減した。

1,浅間山(あさまやま)…1783年に噴火して、天明の飢饉に追い打ちをかけた山。

1,安藤昌益(あんどうしょうえき)…18世紀なかば、万人が平等に耕作する世の中を理想として、身分制を否定した。著書は『自然真営道』。

 

 

Amazonで電子出版しています
Youtube「のぶたの「誰も得しない日本史」 けっこう得する支店」
 
北斗の日本史: 誰も得しない日本史 出版準備号