誰も得しない日本史

誰も得しません

日本史例文でまじめに受験英語 分詞構文

 
分詞で始まる語群(副詞句)を、文の前か後ろに付けて、
 
 
①2つの動作が同時に行われていることを示す。
 「~しながら」
 
The army of Ikko ikki attacked the load Togashi Masachika, chanting Namu-Amida-Butsu.
一向一揆勢は南無阿弥陀仏を唱えながら、守護の富樫政親を襲撃した。)
 
一応、分詞節の副詞句を、前に持ってくることもできます。
Chanting Namu-Amida-Butsu, the army of Ikko ikki attacked the load Togashi Masachika.
日本人だと、ついこちらの順序にしたくなりますが、最初のように、分詞が導く副詞句は後に持ってきたほうが英語っぽくなります。
 
加賀の一向一揆は、応仁・文明の乱の後の1488年に勃発しました。
守護の富樫政親をたおして、名目上の守護として富樫泰高を擁立しました。
そして、およそ100年にわたる自治を行いました。
 
 
②動作が続くことを示す。
 「…して、そして~」
 
Emperor Godaigo escaped to Yoshino, establishing the Southern Court.
後醍醐天皇は吉野に逃れて、南朝を成立させた。)
 
こちらは、少しかっこつけた言い方なので、すなおに"and"でつなげてもいいです。
→Emperor Godaigo escaped to Yoshino, and established the Southern Court.
 
足利尊氏に追われた後醍醐天皇は、1336年に京都から大和国吉野に逃れて、自分が正統だといって南朝を成立させました。
これに対して、足利尊氏が擁する京都の朝廷は、北朝といいます。
こうして始まった、南北朝時代を統一したのは、室町幕府三代将軍の足利義満です。1392年のことですね。
 
 
③文の起こった時を示す。
 「~するとき」
 
Watching chicks of ducks, Ashikaga Yoshinori was assassinated by Akamatsu Mitsusuke.
(カモの赤ちゃんを眺めていたら、足利義教は赤松満祐に暗殺された。)
 
"when"でも代用できます。
→When Ashikaga Yoshinori watching chicks of ducks, he was assassinated by Akamatsu Mitsusuke.
 
室町幕府六代将軍の足利義教は、1441年に赤松満祐のおうちに遊びに行ったときに、赤松満祐に暗殺されました。これを嘉吉の変といいます。当時の日記に「将軍かくも犬死か」と酷評されていますね。
まじめにいうと、将軍義教は結城合戦の祝勝会を開くということで、赤松邸にお呼ばれされました。エピソード的には、赤松くんから「なんか、カモの赤ちゃんが生まれてカワイイから、ぷかぷか浮かんでるトコを見に来ませんか?」って言われたんで、将軍義教はほわーんと出かけていったそうな
 
 

f:id:Nobuta:20190412011105j:plain

イラスト:諏訪
 例文をもう一つ。
When Uesugi Kenshin attacked Takeda Shingen with a sword, his body was replaced with him.
=Attacking Takeda Shingen with a sword, Uesugi Kenshin's body was replaced with him.
上杉謙信武田信玄に斬りかかったら、体が入れ替わってしまった。)
ジャンプ漫画がネタに困ったら、トーナメントバトルが始まります。恋愛ものがネタに困ったら、元カレが登場するか体が入れ替わります。ニホンのジョーシキですね。令和になっても失いたくない文化です。
萌える英単語もえたん

萌える英単語もえたん

 

 

 
④理由を示す。
 「~なので」
 
Loosing houses, court nobles went to provincial cities.
(家々を失ったので、公家たちは地方都市へ下っていった。)
 
 
【まとめ】
 
①のような、2つの動作を表現するときに、つい"and"でつなぎたくなります。しかし、主要な文に対して、従属的な文章は"and"でつなぐべきではありません。これを、しっかりと分詞構文で表現できるようになりたいところです。
"and"は、単語動詞や、二つの対等な要素を並列するときに使うのが原則です。以下の文章も参考にして、①との違いを感じ取ってください。
 
・There are two types of Emperors: those who try to directly rule the country to bring a catastrophic outcome and those who don't rule to be peaceful age.
天皇は二つのタイプに分類できる。親政しようとして大混乱をもたらす人と、親政せず平穏をもたらす人だ。)
(参考:里中哲彦『1日1分半の英語ジョーク』宝島社)
 
 
・A strange golden pavillion appeard on the grounds of the Rokuon-ji temple complex.
Kinkaku-ji is rendered in shinden-zukuri style, buke-zukuri style and zen style.
訳)金色の奇妙な建物が鹿苑寺内に出現した。金閣寺寝殿造りと武家造り、そして禅宗様式で作られた。
屋根の上の飾り(roof ornament)は鳳凰phoenix)でした。
(参考:草下シンヤ『笑う英会話2』彩図社

 

   

Amazonで『北斗の日本史』を出版しました。

 

Youtubeのぶたの「誰も得しない日本史」 けっこう得する支店」で、
「1分日本史」とかもやってます。
ツイッターでは本垢のほか、難関私大受験生向けの日本史単語BOTもつくりました。
「15秒日本史」もあります。