誰も得しない日本史

誰も得しません

織田信長あれこれ パート2

パート1は、

nobuta.hateblo.jp

を御覧ください。

 

 

戦国時代ゲームといえば、平成後半は戦国無双シリーズですね。平成の前半はやはり、信長の野望シリーズです。今もなお、続編がリリースされ続けています。こういったゲームから、歴史に興味をもった人も多いんじゃないでしょうか。

 

 

《英訳してみよう》

 

天下統一ゲームのおかげで、ある程度の日本の歴史は頭に入っている。

 

 

 

《英語訳》

 

Thanks to the unify-the-country game, I know history of Japan to some extent.

 

英文は『もえたん2下』を参考にしました。原文では「歴史(history)」の部分は「地理(geography)」でした。

なお、無双シリーズは、北米だと「Samurai Warriors series」です。

 

 

前回お話したように、美濃を攻略した信長は、足利義昭を奉じて上洛を果たします。ところが、足利義昭は、浅井長政朝倉義景などに信長を裏切らせたりして、信長を苦しめます。このころの信長は、ホントに苦しそうです。そして、ようやく1570年の姉川の戦いで、浅井長政たちを滅ぼします。

 

そのときの、有名なエピソードがあります。

  

《英訳してみよう》

 

うちに寄って、ドクロで一杯やらない?

 

 

 

《英語訳》

 

Would you ilke to come up and have a skull of drink?

 

 

『浅井三代記』によると、信長は、討ち取った浅井長政たちのドクロを杯にして、酒を飲んだといいます。信長の残虐性を示すエピソードですね。ただし、信長の生涯についての重要史料である『信長公記』には、ドクロを杯にしたという記述はありません。

 

令和もたけなわな今日このごろですが、ご老人なら平成元年にブームになった「一杯のかけそば」を思い出せますよね。私は思い出しました。…何が言いたいのかというと、「髑髏一杯のかけそば」なら"a skull of soba noodle"だね、ってことです。

令和元年である今年は、マーブルあたりが、ハリウッドで「SKULL OF SOBA」を公開して、全米が泣いて興行収入1位になって、アカデミー賞10部門ノミネート間違いなしです。いそうじゃないですが、ミュータントに「SOBASKULL」とか。頭にソバがのってる的な。なお、スカロマニアを思い出した人は、分かってる人です

f:id:Nobuta:20190408215602j:plain

ソバスカール(イラスト:オレ)
 

 

 
後半の英文は、ブライアン・レイス『DARK HORIZON 2』(トランスワールドジャパン)を参考にしました。
 
原文は、
Would you ilke to come up and have a drink?
(うちで一杯飲んでいかない?)
です。
moetan 2 (下)

moetan 2 (下)

 

 

のぶたの「誰も得しない日本史」 けっこう得する支店」で、
「1分日本史」とかもやってます。