誰も得しない日本史

誰も得しません

「し」 得点直結 日本史用語集(建設中・2020年完成予定)

用語集の説明は→https://www.daremotokushinai.com/entry/a

 

「し」で始まる語

2.『仕懸文庫』(しかけぶんこ)…寛政の改革で処罰された洒落本作者、山東京伝の代表作。深川遊女の物語。

1,紫香楽宮(しがらきのみや)…

2,辞官納地(じかんのうち)…

【聖武天皇の遷都】

平城京→恭仁京→難波京→紫香楽宮→平城京

3,直訴(じきそ)…

2,式亭三馬(しきていさんば)…化政文化期の滑稽本作家で、湯屋を舞台の作品を書いた。代表作は『浮世風呂』。

2,四国艦隊下関砲撃事件(しこくかんたいしものせきほうげきじけん)…

3,四国八十八ヶ所(しこくはちじゅうはちかしょ)…

2,地子(じし)…江戸時代など、都市部で宅地に課せられた税。城下町に町人を呼び込むために免除されることが多い。

【江戸時代の町人の負担】

地子…都市部で宅地に課せられた税

運上・冥加…営業税・営業免許税・雑税

御用金…臨時の賦課金

町人足役…城下町建設や清掃・防火などの都市機能維持のための夫役

2,時習館(じしゅうかん)…熊本藩の藩校。

3,四条派(しじょうは)…

2,閑谷学校(しずたにがっこう)…池田光政が設立した、岡山藩の郷学。同じ岡山藩でも、「花畠教場」は熊沢蕃山の私塾。

1,七分積金(しちぶつみきん)…寛政の改革。江戸町人に町費節約分の七割を積立させたこと。「七分金積立(しちぶきんつみたて)」とも。

2,実学(じつがく)…有用性が高い学問の総称。

1,志筑忠雄(しづきただお)…化政文化。オランダ通詞経験者で、西洋の天文学や力学を紹介した。著書は『暦象新書』。また、ケンペルの『日本誌』の一部を「鎖国論」として抄訳した、「鎖国」の語の生みの親。

1,十返舎一九(じっぺんしゃいっく)…化政文化。滑稽本の『東海道中膝栗毛』の作者

【化政文化の「東海」的文学】

 ・「東海道中膝栗毛」…十返舎一九の滑稽本

 ・「東海道五十三次」…歌川広重の浮世絵

 ・「東海道四谷怪談」…鶴屋南北の歌舞伎 

1,『自然真営道』(しぜんしんえいどう)…身分制を否定した、安藤昌益の代表作。

2,シドッチ(しどっち)…正徳の治のころ、屋久島に密入国して捕らえられたイタリア人宣教師。こいつを新井白石が尋問して、『采覧異言』と『西洋紀聞』が著された。

3,地主手作(じぬしてづくり)…

3,「不忍池図」(しのばずのいけず)…司馬江漢の代表作。上の池を描く。

2,芝居小屋(しばいごや)…花道などが設けられた歌舞伎劇場。

【化政文化期の興行場所】

 ・芝居小屋…歌舞伎の劇場

 ・見世物小屋…見世物興行のための簡易施設

 ・寄席…講談など、大衆芸能の興行場所 

1,司馬江漢(しばこうかん)…日本で初めて銅版画に成功した。宝暦・天明期の文化。代表作は「不忍池図」。

3,シパーヒーの反乱(しぱーひーのはんらん)…

1,シーボルト…ドイツ人オランダ商館医師で、長崎郊外に診療所兼塾の鳴滝塾を開いた。

2,シーボルト事件(しーぼるとじけん)…1828年、シーボルトが、国外に日本地図を持ち出そうとして発覚した事件。シーボルトは国外追放。地図を渡した高橋景保は獄死。

3,島井宗室(しまいそうしつ)…初期豪商。

京都:角倉了以(河川開発)

茶屋四郎次郎(呉服商、鎖国後も御用商人)

摂津:末吉孫左衛門(銀座創設に尽力)

堺:今井宗薫(今井宗久の子、茶人)

納谷助左衛門(ルソン貿易で巨利、秀吉に罰せられ没落)

博多:島井宗室(対明・対朝鮮貿易、茶人)

    神屋宗湛(博多復興に尽力、茶人)

長崎:末次平蔵(長崎代官も勤めた)

荒木宗太郎(朱印船貿易)

2,島津斉彬(しまづなりあきら)…薩摩藩で後期藩政改革を行って、反射炉やガラス工場などを設立した薩摩藩主。将軍継嗣問題では、一橋派に属して徳川慶喜を推した。

1,島津久光(しまづひさみつ)…

1,下田(しもだ)…日米和親条約で開港された。アメリカ総領事ハリスが着任した。

3,写生画(しゃせいが)…

1,社倉・義倉(しゃそう・ぎそう)…寛政の改革。各地に備蓄のために設けさせた倉。

1,洒落本(しゃれほん)…18世紀半ばころに流行した、遊里を舞台に町人を滑稽・軽妙に描いた短編小説。

3,集成館(しゅうせいかん)…

2,「十便十宜図」(じゅうべんじゅうぎず)…池大雅と蕪村の合作の、文人画。

2,朱元璋(しゅげんしょう)…

2,朱舜水(しゅしゅんすい)…

【李さんと朱さん】

朝鮮半島の人

  ・李成桂…朝鮮を建国(1392年)

  ・李舜臣…朝鮮出兵のときに、日本に大打撃を与える

中国の人

  ・朱元璋…明を建国

  ・朱舜水…日本に渡来して徳川光圀に招かれた。水戸学に影響を与える。

  ・李鴻章…日清が条約を結ぶときの全権はいつもこの人

3,『出定後語』(しゅつじょうごご)…懐徳堂出身で、儒教や仏教を否定した町人学者、富永仲基の著書。

2,『春色梅児誉美』(しゅんしょくうめごよみ)…化政文化期、為永春水の人情本。

3,巡礼(じゅんれい)…

2,松下村塾(しょうかそんじゅく)…吉田松陰の塾。久坂玄瑞とか高杉晋作とか、尊王攘夷派の人物が育った。

2,貞享暦(じょうきょうれき)…

【日本の暦】

 ・7世紀(602年)…暦法を百済僧観勒が伝える

 ・9世紀(862年)…宣明暦実施(~1684年)

 ・1684年    …貞享暦(渋川春海(しぶかわはるみ))

 ・(1755年・宝暦暦)

 ・1797年    …寛政暦(高橋至時(よしとき))

 ・(1841年・天保暦)…ここまでは太陰太陽暦

 ・1873年(明治6年)…太陽暦(グレゴリオ暦)、明治5123日を明治611日とした

1,将軍継嗣問題(しょうぐんけいしもんだい)…

1,将軍後見職(しょうぐんこうけんしょく)…

3,尚歯会(しょうしかい)…

3,彰義隊(しょうぎたい)…

2,昌平坂学問所(しょうへいざかがくもんじょ)…寛政ころ(松平定信が辞した後)に、湯島聖堂の聖堂学問所が幕府直営となったとき、昌平坂学問所という名前になった。

1,定免法(じょうめんほう)…徳川吉宗の享保の改革で、稲の豊凶に関わらず毎年一定の年貢を徴発する法。毎年調査して徴発割合を決めるのは、検見法。

3,条約勅許(じょうやくちょっきょ)…

3,白河藩(しらかわはん)…

2,芝蘭堂(しらんどう)…大槻玄沢の蘭学塾。江戸にあり、オランダ正月が開催された。

1,心学(しんがく)…石田梅岩の教え。町人の道徳を説く。

1,『慎機論』(しんきろん)…蛮社の獄で処罰された、渡辺崋山の著書。

2,新選組(しんせんぐみ)…

3,新見正興(しんみまさおき)…