誰も得しない日本史

誰も得しません

日中国交正常化

以下、2017年12月30日記事

 

次の英文をみてみましょう。
 
"I hate to further disappoint you, but this isn't Japan-China Joint Declaration. It's Japan-China Joint Communiqué.
 
訳は、
「さらにがっかりさせて悪いのですが、それは日中共同宣言ではなくて日中共同声明です。」
ですね。

日ソは「共同宣言(Joint Declaration)」だけど、日中は「共同声明(Joint Communiqué)」です。
ウザいですね。試験で間違ったら、出題した講師に消しゴム投げつけてやりたくなりますね。
"Communiqué"はフランス語なので、英語の"statement"などが良さそうに思うのですが、いくつかの辞書を見てもCommuniquéとあります。
なんででしょうかね。
しかも、辞書とか調べていると、英語では「宣言」と「声明」の違いも、厳格なものではないみたい。
それなのに、受験では「日ソ共同宣言」と「日中共同声明」は、しっかりと書き分けておかなければならない。
あーもう。

受験では、国際間の声明は日中共同声明ぐらいでしょうか。
国内だと国体明徴声明とか近衛声明とかいろいろあるんですけれど。
 
なお、日ソ間と違い、日中では日中共同声明('72・田中角栄)の他、日中平和友好条約(Treaty of Peace and Friendship between Japan and China)('78・福田赳夫)も結ばれています。
センター試験なら、年号よりも首相とのセットで覚えておいてください。
 
 
 
Amazonで電子出版しています
 
 
Youtube版「のぶたの誰も得しない日本史 」